FIREでタイ移住

2021年5月富士通を退職し2021年8月家賃1万の街、大分県杵築市へ。タイへ移住し日本とタイの2拠点生活目指してます。

FIRE達成で得られる幸せ「合わない人間とは会わなくていい幸福」

Happy

皆様、こんにちは。

ハンチングで御座います。

FIREと聞くと、人より早く仕事をリタイアし自分が本当にやりたいことをやれるという生き方に注目が集まる。

だけど僕が実際にFIREを達成して感じる幸福は別の視点でもうひとつある。

「合わない人間と会わなくていい」

仕事をしているとそこには必ず人間関係が生まれる。

気の合う良い同僚もいるのだけれど、どうやっても分かり合えない同僚もいる。

どうやっても分かり合えないだけなら、相手との距離を取っていればまだなんとか凌げたりもするのだけれど、中には嫌がらせというか悪意を持って接して来る同僚もいて在職中はずいぶん苦しめられたりもした。

私を貶めることを目的に取るに足らない下らぬ案件を、さも私に非があるかのように盛ってわざわざ上司に報告する。

特に会社の決まり事として定められてもいない自分のオリジナルの仕事の手順を、さも「世間一般の常識」風な言い回しをして、自分の仕事のやり方を圧をかけて押し付けてくる。

仕事を進める上でどうしても話しかけねばならないので、声をかけても目線さえ合わせない。

謎の上から目線で接して来る同僚。

まるで中2レベルの嫌がらせをして、私が苦しんでる姿を見て悦に浸るのだ。

子供ならいざ知らず大人になってもこんな幼稚な事をする人がいるのかとゾッとしたことを思い出す。

こんな人間と65歳まで毎日顔を合わせなければいけないかと思うと精神が病んでしまいそうだと思った。

 

FIREを達成すると、こういう嫌な人間を自分の生活圏の外側に放り投げることが出来る。

もう会う事も、顔を見る事も無いのだ。

永遠に。

この「合わない人間と会わなくていい幸福」はもっと評価されていい。

FIREに到達すると、人間関係を取捨選択するカードを自ら握れる。

この先、良い出会いもあるだろうし、望まない出会いもあるだろう。

だけど、嫌な人間と我慢して付き合う必要はもうない。

対人ストレスを極限まで減らすことが出来る。

 

あなたの職場にもいないだろうか、そういう嫌がらせをしてくる同僚が。

もし、その人間を自分の生活圏の外に放り投げることが出来るとしたら。

もう2度と顔を合わせなくて済むとしたら。

想像して欲しい。

それだけで人生の幸福度がグッと上がるのだから。

FIREとは職場の人間関係で苦しんでいる自分を救うことが出来る生き方でもあるのだから。

 

FIRE達成した平日の午前。

のんびり朝散歩を楽しみ、コーヒーを飲みながら穏やかな気持ちでこのブログを書いている。

合わない人間と会わなくて良い幸福を噛みしめながら。

Café