FIREでタイ移住

2021年5月に長年勤めた会社を退職しタイへ移住します。インデックス投資毎月積立で平凡な年収でもタイ移住を実現したい。

パタヤのマンスリーホテルが月5000バーツ(1.7万円)で投げ売りされている

f:id:takumahantingu:20210324162642j:plain

皆様、こんばんは。

ハンチングで御座います。

現在、タイ政府は今年の10月を目途に、隔離無しでの外国人観光客受け入れを目指しています。

そうなったら、僕もハロワの合間を縫って1ヶ月ほどタイへ行こうかと考えている。

タイ移住した後に、住む場所なのだけど今のところバンコクかパタヤにしようかと思っている。

実際はハロワの合間旅で、バンコクにも1ヶ月滞在して、パタヤにも1ヶ月滞在する。

それぞれお試しショートステイをすれば、自分自身どちらが向いてるのか自然と判断がつくのではないだろうか。

そんなことを思いながら「今、パタヤはマンスリーホテルっていくら位で借りれるのだろう?」と検索していたらちょっと熱いホテルを見つけてしまった。

Neta Resort Pattaya

月5000バーツ~(1.7万円)

f:id:takumahantingu:20210324164825p:plain

場所は、セカンドロードとソイブッカオの間でサウスパタヤロード寄り。ソイブッカオを南に700メートル歩くと「トゥッコム」と言うショッピングモール、北に600メートル行くとLKメトロ、ウォーキングストリートも800メートル、パタヤビーチも徒歩圏内と立地も中々良い。近くをソンテウも走ってるし滞在中も不便は感じないだろう。加えて部屋の広さも35平米なのでかなり広い。

電気、水道代は別途となっているが、エアコンを節約を意識せずに使ってると大体2500バーツ(8750円)位になると思う。部屋代に光熱費を足しても、総額7500バーツ(2.6万円)ほどで収まる。

以前、いくらでマンスリー貸してたのかは分からないのだけど、この立地でこの値段は安すぎる。

正直、今すぐ行きたい。。

この他にもパタヤのマンスリーホテルやコンドミニアムを色々見てるのだけど、この「タイの物件散策」がすごく楽しくて、この散策の森の中に入って行くとしばらく現実世界に戻れなくなる。

「この立地でこの値段ってちょっと安すぎるんじゃないか」

とか

「なんだか僕はすごい家賃の安い街を発見してしまったのじゃないのか」

とか

日本に居るはずなのだけど、この時間だけは脳内の記憶に残るパタヤの街を闊歩いる自分がいる。

その没入感がとても楽しくて、あっという間に時間が過ぎ去って行く。

「あぁ、もう2時間過ぎてたのか」

こんなに時間が過ぎ去っていたことに気づき、驚き、そして小さな幸福感に包まれる。

気が付くと、もう夕方になっている。

さあ、のんびりスーパーに買い出しでも行こうか。

 

www.renthub.in.th

 過去記事です。

www.takumaga.com