FIREでタイ移住

2021年5月に長年勤めた会社を退職しタイへ移住します。インデックス投資毎月積立で平凡な年収でもタイ移住を実現したい。

退職後いつタイへ移住しようか

f:id:takumahantingu:20210310105337p:plain

皆様、こんばんは。

ハンチングで御座います。

2021年退職しFIREタイ移住を目指してます。

当初の予定では、8月に退職後、今住んでいるアパートは残した状態ですぐにタイ移住して、タイからLCCで毎月ハロワに通うと言うプランを描いていたのだけど、流行り病の影響で現状、日本とタイの往来が自由に出来ないので暗礁に乗り上げている。

BMWに送迎されながらハロワに通う

タイランドエリート会員になると、タイの空港と自分が住んでいるコンドミニアム間の移動にリムジン送迎サービスがある。退職後、すぐにタイへ移住してこのサービスを活用してハロワに通おうと思っていたのに。「BMWに送迎されて日本のハロワに通う」と言う密かに温めていたプランがああああああ。

この、金持ってるのか貧乏なのかよく分からないプランは一旦、保留するとして、退職する8月になっても往来に制限がかかってる場合はどうしようかと言う現実に目を向ける時期が近づいて来ている。

流行り病が収まって日本とタイの自由往来出来る日まで大人しく日本に留まる。ハロワに通いながら夜明けを待つ的な形なのだけど、これが一番、お財布に優しいのは間違いない。ただ自分に残された人生の時間を考えると、この時間がなんだか勿体ない気がする。

失業給付を放り投げて、退職後すぐにタイ移住。やろうと思えば出来るのだけど、何十年もの間、毎月雇用保険収めてきた身としては1円も貰わずに去るのは辛い。こちらは逆に給付金を諦めて人生の時間を得ると言う感じ。

日本でハロワに通いつつ、ハロワの合間にタイへ行く。合間と言っても1ヶ月弱なのだけど。タイ移住すると決めてからタイ移住した先人の日本人のブログを見る機会が多くなったけど、このプランを採用してる方が多かった。タイ旅へ行って1ヶ月弱のショートステイを何度か楽しみながら、その都度、滞在先を変えて自分が将来住む街を探す感じ。これは上記2つのちょうど中間的なプラン。ノービザで行く形になるのでせいぜい数ヶ月に1回位のペースになるのだけど。

現実的には先人に習って最後のプランが良い気はしている。バンコクの気になる街はいくつかある。それとパタヤも。タイは日本よりも優れているところがある。それは賃貸アパートを簡単に借りれる点だ。1ヶ月だけのマンスリー契約もパスポート1つで気軽に出来る。そのうえ安い。そのメリットを活かして移住前に色んな街にショートステイするのは案外ありなんじゃないだろうか。隔離期間が短くないと無理ではあるけれど。

今から1年前、コロナが世間を騒がせ始めた頃、「2021年の秋に退職予定で良かった。僕のタイ移住は影響は受けないのだから」と思ってたのだけど、それから1年の時が過ぎ、そんなことはなくなってしまった。

退職まであと5ヶ月。あっと言う間に過ぎ去りそうなそんな気がする。