FIREでタイ移住

2021年5月に長年勤めた会社を退職しました。タイへ移住します。インデックス投資毎月積立で平凡な年収でもタイ移住を実現したい。

パタヤの賃貸コンドミニアムがコロナ禍で価格崩壊している

_DSC1673 (3)

皆様、こんばんは。

ハンチングで御座います。

タイの首都バンコクから車で2時間ほどのビーチリゾートパタヤ。

昨日なんとなくネットでパタヤの賃貸コンドミニアム、アパートを見ていて気が付いた。

コロナ以前に比べて賃貸物件が凄く安くなっているということに。

パタヤのもっとも賑わう中心地にセントラルフェスティバルと言うヒルトンホテルも併設するパタヤで一番大きなショッピングモールがある。

そこからほど近くセカンドロードとソイブッカオの間にThe Base Central Pattayaと言うタイ国内ではかなりの知名度を誇る大手デベロッパー、サンシリが手掛けた2016年2月竣工の総戸数1,112戸の巨大コンドミニアムがある。

最大の魅力は、そのロケーションで、パタヤビーチまで300m徒歩4分以内でアクセスでき、ヒルトンホテルがあるセントラルフェスティバルまで 徒歩3分。A棟は屋上31階に40メートル強のインフィニティエッジプールと展望台、B棟には3階に25メートルプール、フィットネスも完備。最上階展望台から見下ろすパタヤビーチの眺めは爽快だ。

A、B棟共に無料Wifi付き屋上ラウンジ完備で駐車場ビル屋上にはハーフバスケットボールコート、ブランコや滑り台等の遊具の揃った子供の遊び場まで備えている。

セントラルフェスティバル、パタヤビーチ、ソイブッカオいずれも徒歩圏内。ウォーキングストリートまでも1キロほどなので歩いて行けるという、生活がほぼ徒歩だけで完結してしまいそうな立地のコンドミニアム。

前からこのコンドミニアムの存在は気になっていてコロナ前からちょくちょく家賃を見ていた。その時はだいたい30平米位の一人暮らしにはちょうど良いサイズの部屋が12,000バーツ(40,800円)から16,000バーツ(54,400円)位で貸し出しされていた。

そして2021年3月現在の家賃が。

f:id:takumahantingu:20210302153509p:plain

見間違いかと思って何度も確認したのだけど「Rental Price8000baht」と書いてある。

日本円に換算すると、1ヶ月の家賃は約27,000円ほどとなる。

私は今、日本で29,500円の安アパートに住んでるわけだけど、建物のクオリティーの差に愕然とする。

建物だけではなく周辺環境も大きなショッピングモールがあり、物価の安いお店が軒を連ねる在住者のオアシス、ソイブッカオがあり、パタヤビーチもすぐそこ。

実はこのブログではまだ言ってないのだけれど、タイ移住で最初に住む街はほぼバンコクと決めていて、物件もバンコクに絞って探している。

昨日、ふと何となくパタヤのコンドミニアムって今いくら位で貸し出されてるのだろうと思い、見ていたら、こんな物件を見つけてしまった。

移住する地は、バンコクかパタヤか或いは他の場所か。

今までの自分の人生を振り返ると、自分の意志で住む場所を決めた事は一度もなかった。

東北の片田舎で生まれて、今の会社に就職したあとは、会社の命令に従うだけの転勤を繰り返して来た。

そして今年の8月私は会社を退職する。

どの組織にも縛られない自由の身になって、生まれて初めて自分の意志で住む街を選べる。

そんなちょっとワクワクする未来に思いを巡らせながら、海外の物件を探す時間はとても楽しい。

退職まであと174日。

自由への時計は今日も確実に刻まれている。

www.takumaga.com

www.youtube.com