FIREでタイ移住

2021年5月長年勤めた会社を40代でアーリーリタイアして大阪移住。大阪とタイの2拠点生活目指してます。

タイのリタイアメントビザを自力で取得は結構大変そう

 

bangkok

皆様、こんにちは。

ハンチングで御座います。

タイへ完全移住する場合、何かしらのビザが必要になる。

FIREやセミリタイアで移住するとなるとビザはほぼ2択でタイランドエリートビザか50歳以上ならリタイアメントビザのどちらかになる。

そのリタイアメントビザの取得は業者に多少手数料を払って手伝って貰うことも可能だが、最初から最後まで業者に頼らず自力での取得も可能ではある。

リタイアメントビザ取得に必要な書類や手続きも時と共に変化するので最新情報を知っておくことが大事になる。

今回は2022年4月にリタイアメントビザを自力で取得した方(バンコクひとりぐらしさん)の動画を見つけたので紹介する。

詳しくは動画を見て貰いたいのだが非常に分かりやすく丁寧に解説されていて、これを見てその通り実行すれば、自力でも何とか取得出来るだろう。

それと同時に銀行口座開設(それなりに難関)であったり、日本から80万バーツ(約3百万円)をハンドキャリーで運んだり、事前に準備する必要書類、タイトな日程、ある程度の語学力が求められる。

またリタイアメントビザを申請後、本当に住んでいるのか居住確認の電話がかかって来て英語で日程調整し、スタッフが自室まで来て部屋番号を背景に写真撮影したりパスポート、預金通帳、賃貸借契約書の写真撮影する場合もあるようだ。

実際、バンコクひとりぐらしさんも動画内で当日のイミグレの様子を語っておられるのだが「他の申請者はほぼ全員タイ語話者を同伴していた」とおっしゃっている。

確かに言葉の壁もある中これだけ手間がかかるのであれば業者に手伝って貰うのも無理はない気はする。

リタイアメントビザ取得の手段は人それぞれでどっちが正解と言う事は無いと思う。

この動画を見て自力でやるか業者に頼むか或いはリタイアメントビザよりもっと楽なタイランドエリートビザも含めて検討してみてはいかがでしょうか。

バンコクひとりぐらしさん貴重な情報ありがとうございました。

 

他のFIREブロガーも参考にしてみて下さい にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ にほんブログ村 その他生活ブログ サイドFIREへ