FIREでタイ移住

2021年5月長年勤めた会社を退職して大阪移住。大阪とタイの2拠点生活目指してます。

将来タイ移住を考えている読者さんとリーガロイヤルホテルでランチビュッフェ

 

f:id:takumahantingu:20220205085617j:plain

皆様、こんにちは。

ハンチングで御座います。

先月1ヶ月ほど部屋探しも兼ねて大阪でホテル暮らしをした。

その間に「将来、タイ移住を考えていてお話を聞かせて欲しい」という私のブログを読んでくれている読者さんからお話を貰った。

場所は中之島のリーガロイヤルホテル。

私ごときに誠に恐縮なのだが、高級ホテルでランチビュッフェをご馳走になりました。

f:id:takumahantingu:20220205090914j:plain

読者さんは40代でフルタイムで働いている会社員。

何度かタイへ旅行で訪れている内にその魅力にはまりタイ移住を考え始め、去年からインデックス投資を始めてeMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)を積み立てている。

オルカン60%、現金40%というシンプルなポートフォリオを構築し5年後のタイ移住を目指しているとのこと。

これを聞いた時に率直な感想は「投資歴、僅か1年でいきなり正解のポートフォリオに辿り着いた」だった。

FIREでタイ移住を実現させるには「シンプルなポートフォリオが一番良い」と考えている。

理由はポートフォリオに雑念や迷いが入る余地が無いからだ。

人間は時に欲に駆られ、時に恐怖に駆られる。

そうやってポートフォリオをいじくり回しては、タイ移住のゴールテープを何年も先に遠ざけてしまうのだ。

また物価の安いタイへの移住は資金的にそれほどハードルは高くないのでインデックスファンド&現金でポートフォリオを作ってあとは地道に入金を続けて行きさえすれば、自ずとFIREでタイ移住に辿り着けるからだ。

移住となるとビザが必要だ。

読者さんはリタイアメントビザを取得してタイ移住を目指したいということだったので、そうなるときっと壁になるであろう銀行口座開設。

「旅行者でも口座開設が可能な、タイでの銀行口座の開設方法」をお話しした。

加えて銀行口座開設の心配が要らないタイランドエリート(タイランドエリートスタッフのアテンド付きで銀行口座開設出来る)についてもお話しした。

f:id:takumahantingu:20220205095856j:plain

話はタイで住みやすいお勧めの街という話題にもなった。

家賃の予算は日本円で4万位。タイバーツにすると1万バーツ前半になるので、その中で利便性であったり街の中心部へのアクセスであったりを加味して、自分が訪れていいなあ、ここ住みたいなあと感じた街を数か所ほど挙げさせて貰った。

また実際に移住までもう少し時間もあり、中々旅行でもタイへ行きにくい現状でもあるので、そんな中でもタイ移住のモチベーションというか楽しみを持ち続けて貰いたいと思い、僕がよくチェックしているタイの物件を紹介してるyoutubeも紹介した。

ここで物件をチェックしておき、実際にタイ旅へ行った時に自分で直接物件に足を運び内覧する。或いは住みたい街を歩き回って「このコンドミニアム良さそうだな」と思ったら建物に入って行き部屋を内覧させて貰う。

僕はこんな感じで部屋を探しているという話もした。

読者さんは堅実な方でタイ移住へ向けてだいぶ前から準備されていたのかもしれないが、ポートフォリオも隙が無いし資産を伺うと僕としては今すぐにでもタイ移住が可能にも思えたが、あと5年はフルタイムで働き、タイ移住後はリモートワークで半年働き、半年休暇するライフスタイルを考えているとのこと。

資産的には5年後に完全リタイアでタイ移住も充分可能だとは思うのだけれど、仕事が嫌いなわけではなくタイ移住後は仕事量を落としてプライベートな時間を確保しつつワークライフバランスを充実させて行くという生き方。

そういう生き方も素敵だなと思った。

お話をしている内に「この方は絶対にタイ移住成功する」と直感的に感じた。

同じタイ移住という夢があり、その夢を叶える方法としてインデックス投資で資産形成しておられる。

自分の考えと近い方とお話しするのは楽しいもので気が付けば2時間話しっぱなしであっという間に時が過ぎた。

読者さんもメモ帳持参でタイ移住の本気度と言うか熱感が伝わって来たので、僕も伝えれることは全て伝えようと思い話が弾んだ。

5年後、是非タイ移住を実現し素敵な人生を過ごせることをお祈りしております。

Only 9 o'clock in the morning but these girls were already eager to get started for the day!

他のFIREブロガーも参考にしてみて下さい にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ にほんブログ村 その他生活ブログ サイドFIREへ