FIREでタイ移住

2021年5月富士通を退職し2021年8月家賃1万の街、大分県杵築市へ。タイへ移住し日本とタイの2拠点生活目指してます。

九州上陸~大分県杵築市移住の旅路~

小倉都心部のご紹介 | 小倉イルミネーション2020

皆様、こんにちは。

ハンチングで御座います。

遂に九州へ旅立つ日を迎えた。

早朝、心斎橋から御堂筋線で新大阪を目指す。

f:id:takumahantingu:20210803074416j:plain

心斎橋から梅田方面へ向かう御堂筋線は、さぞ混んでるのだろうな。

覚悟して乗車したのだけれど、これもコロナ禍の影響なのだろうか。

拍子抜けするほど空いていて座る事も出来た。

f:id:takumahantingu:20210803074656j:plain

新大阪。

一体、いつ以来だろう。

新大阪へ来るのは。

近鉄で名古屋から大阪へ来ると難波へ着く。

なので、たまさか大阪へ出張る用事があったとしても大抵は難波、心斎橋界隈で事が済むので、梅田や新大阪方面へは、とんと足を運ばなくなって久しい。

f:id:takumahantingu:20210803075159j:plain

ひかり531号。

未知の土地、九州へ今日、僕を連れて行ってくれる新幹線。

キオスクで朝食用のおにぎりを買う。

さっぱりした梅干し、そして九州に思いを馳せて明太子、2ケのおにぎりを握りしめホームで待つ僕の視線の先に新幹線が見えて来た。

f:id:takumahantingu:20210803075841j:plain

いよいよだな。

f:id:takumahantingu:20210803080018j:plain

チケットはJTBの新幹線バリューパックで購めた。

f:id:takumahantingu:20210803075947j:plain

新大阪から小倉まで7,500円のグリーン車の旅路。

f:id:takumahantingu:20210803080523j:plain

車窓に流れる美しい景色を眺めながら2時間ちょっとの贅沢貧乏な鉄道の旅を楽しむ。

f:id:takumahantingu:20210803084156j:plain

小倉。

初めて訪れる街である。

想像してたよりずっと洗練された都会で驚く。

駅前には高架歩道橋が広がり、その下にタクシーやバス乗り場がある。

駅前の右手奥から活気あるアーケード街が伸びていて、バンコクのBTSを思わせるモノレールが小倉駅に吸い込まれて行く。

なんだか駅前の風景がどこか仙台駅に似ている。

駅の裏側にはミクニワールドスタジアム北九州という評判高きサッカー専用スタジアムもある。

駅から徒歩で行けるスタジアムなのだけれど、道中、屋根付きの動く歩道まで整備されている。

f:id:takumahantingu:20210803085023j:plain

小倉城を観覧。

f:id:takumahantingu:20210803085540j:plain

天神ホルモンなる食事処で昼食を取った。

f:id:takumahantingu:20210803085609j:plain

鉄板でホルモンを焼く。

f:id:takumahantingu:20210803085704j:plain

バカ旨い。

f:id:takumahantingu:20210803085718j:plain

つかの間の小倉観光を楽しんだわけだけれど、小倉という街の素晴らしさにちょっと心を動かされたりもした。

 

午後。

小倉駅から杵築へ向かう。

f:id:takumahantingu:20210803093624j:plain

特急ソニックに乗る。

f:id:takumahantingu:20210803093714j:plain

車内のお供に緑茶を購めた。

色々な緑茶が売られていたのだけれど、鹿児島のお茶を選んだ。

少しでも九州を感じていたかった。

僕を乗せた特急ソニックが小倉を発ち、杵築市を目指し疾走する。

新大阪から大分杵築市までの鉄道の旅。

それに備えて大阪の書店で時間つぶしの小説を一冊、購めてバックの中に忍ばせていた。

忙しかったわけではない。

時間もたっぷりあった。

でも結局、最後までその小説を読むことはなかった。

これから始まる杵築市での新生活に思いを馳せ、車窓から見える九州の美しい風景を時間が経つことも忘れ、ずっと、ずっと見つめ続けていた。

f:id:takumahantingu:20210803100218j:plain