インデックス投資トラベラー

2020年でのセミリタイアを目指してます。インデックス投資歴12年目。平凡な年収でもNISAと確定拠出年金を毎月つみたてしてセミリタイアを実現したい。

アーリーリタイアの未来予想図

f:id:takumahantingu:20160519111013j:plain

ハンチングたくまです。

前々回の記事でアーリーリタイアを目指してる事をカミングアウトさせて頂きました。

↓参考

今回はアーリーリタイアの現在地。

そして未来予想図について書きたいと思います。

ハンチングたくまの現状

名前=ハンチングたくま

年齢=44歳

性別=男

出身地=岩手県

現住所=三重県

婚姻=バツイチの独身

仕事=サラリーマン

収入=世間の平均的な収入

 

はい。

説明するまでもなく、日本中どこにでもいる平凡なサラリーマンで御座います。

アーリーリタイアを目指してますが収入はごく普通。

こんな私がアーリーリタイアへ向けて一歩一歩、地道に歩んでゆく。

その様をこのブログで綴って行きたい。

アーリーリタイアの現在地

今、44歳。

現状アーリーリタイアへ踏み切るのは無理です。

お金が足りません。

アーリーリタイアの未来予想図

ざっくりですが、以下の様に考えてます。

その年でアーリーリタイアへ舵を切ったらどうなるか?

完全リタイア=仕事を完全に卒業し、働かないで生きてゆく。

セミリタイア=短い時間、仕事をして少しだけ収入を得ながら生きてゆく。

 

44歳=無理

45歳=無理

46歳=無理

47歳=超絶貧乏セミリタイア

48歳=超絶貧乏セミリタイア

49歳=貧乏セミリタイア

50歳=貧乏セミリタイア

51歳=セミリタイア

52歳=セミリタイア

53歳=セミリタイア

54歳以降=完全リタイア

 

長く働けばその分、資産形成出来る&寿命が近づく。

アーリーリタイアへの難易度は徐々に低下して行く。

よって上記の様になる。

 

後はどこで「降りる」か。

時間はまだある。

ゆっくり考えたい。