FIREでタイ移住

2021年5月長年勤めた会社を退職して大阪移住。大阪とタイの2拠点生活目指してます。

NU茶屋町の9111タイ食堂で千円ビュッフェを味わう

 

f:id:takumahantingu:20220325113626j:plain

皆様、こんにちは。

大阪タイ料理屋調査隊の者です。

平日ランチ限定。

千円でタイ料理食べ放題のお店を紹介する。

いつものように大阪の街を散歩していると梅田NU茶屋町の9階にタイ料理屋を見つけた。

9111タイ食堂byクワンチャイ

 

クワンチャイとは大阪と神戸を中心に7店舗展開しているタイ料理屋となっていてその中でも茶屋町の9111タイ食堂はリーズナブルな価格でビュッフェを提供する唯一の店舗となっている。

入り口でメニューを眺めると、どうやらビュッフェ形式の90分食べ放題となっているようであった。

値段は千円。

f:id:takumahantingu:20220325103003j:plain

千円を先払いし入店。

f:id:takumahantingu:20220325103213j:plain

厨房には男性タイ人シェフが1人忙しそうに鍋を振っている。

その厨房の前にはずらりとおかずが並んでいて、その対面にトレーと食器が置かれている。

おかずは容器の中で保温されているので温かさを保っている。

おかずはお米も含めて17種類ほどあり、その他にデザートとして自家製ジェラードが3種類用意されていた。

ジャスミンライス

カオパット

森のカレー

グリーンカレー

レッドカレー

マッサマンカレー

ヤムウンセン

ガパオムー

鶏肉黒胡椒炒め

牛肉オイスターソース炒め

タイ風おでん

タイ風煮込みハンバーグ

チキンスープ

ココナッツスープ

トムヤムスープ

トムセープ

海老せんべい

自家製ジェラード3種

ゆずレモン

豆乳フルーツ

グアバ

追加料金でソフトドリンク、お酒の飲み放題も付けれるのだけれど、スープ系が充実してるのと無料でお水が頂けるので付けなくても大丈夫だと思うが各自おこのみで。

f:id:takumahantingu:20220325104843j:plain

店内の様子。

f:id:takumahantingu:20220325104944j:plain

まずはタイ料理6種を取り寄せてきた。

右上から時計回りで。

カオパット

ヤムウンセン

牛肉オイスターソース炒め

グリーンカレー

鶏肉黒胡椒炒め

ガパオムー

僕が食べて旨いと思ったのはグリーンカレー、牛肉オイスターソース炒め、ガパオムー、それと2ターン目で持ってきたマッサマンカレーは中々美味しかった。

この記事を見て、もし行かれる方がいらっしゃったら是非お皿に取り寄せてもらいたいところだ。

f:id:takumahantingu:20220325105702j:plain

90分ゆっくりランチを楽しみ最後はデザートで〆る。

ジェラード3種は日によって多少フレーバーが変わるようである。

本日はゆずレモン、豆乳フルーツ、グアバの3種であったがマンゴー等が提供される日もあるようだ。

大阪在住タイ好き民にはお勧めのお店

ちょっと良いホテルのビュッフェを想像して来店されるとその期待には応えれない。

店名にもある通りあくまで「タイ食堂」なのである。

グーグルのクチコミに低評価を書いている方はこの辺を理解出来ていないのではないだろうか。

タイ旅行へ言った経験がある方はタイ屋台、タイ食堂のお店に並んでいるおかずがビュッフェスタイルで提供されていると理解して来店してもらえればと思う。

そういう思考で来店すれば価格も含めて満足出来るはず。

日本のタイ料理屋はカオマンガイやガパオライス単品でも千円近くするお店が多い。

千円と言えばタイバーツに直すと280バーツほど。

実際タイへ行って現地の食堂で色んな料理を注文すれば似たような金額になる気もする。

そんな中、千円で色んなおかずを楽しめる食べ放題スタイルはお得に感じた。

因みにディナーは、このランチメニューに3品加わる。

スタッフに確認したところカオマンガイと鶏の唐揚げあともう一つは失念。この追加3品も日によって変わるかもしれない。

僕は12時頃に来店したのだけれど店内もそれほど混んでなくておひとり様でもリラックス出来る雰囲気。

実際、僕以外にもサラリーマン風の男性が一人でランチを楽しんでいた。

大阪在住で平日に時間が取れるタイ好き民は一度足を運んで損はないだろう。

他のFIREブロガーも参考にしてみて下さい にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ にほんブログ村 その他生活ブログ サイドFIREへ