FIREでタイ移住

2021年5月富士通を退職し2021年8月家賃1万の街、大分県杵築市へ。タイへ移住し日本とタイの2拠点生活目指してます。

11月からタイへ行ける?タイ渡航準備が一目で分かる記事を作ったので参考にしてほしい

Thai Airways Boeing 787-800 Dreamliner; HS-TQC@ZRH;25.09.2021

皆様、こんにちは。

ハンチングで御座います。

タイ渡航が隔離無しで行ける日が近づいて来ている。

早ければ来週にも、その対象国が発表される。

ということで、すぐに動けるように自分と皆様の為に、情報をまとめておこうと思う。

入国許可所(COE)

11月より廃止が決定。

代わりにタイランドパスが導入される。

http://www.thailandpass.go.th/(現時点では無効)

ワクチンパスポート

取得済。

ホテルの事前予約

タイランドパスに添付する必要あり。

出発前72時間前PCR検査

羽田、成田、中部、関空のPCR検査は下記リンクを参照。

福岡は福岡空港国内線、第3ターミナル2Fにある丸岡内科クリニックでPCR検査が可能。

立地良し、価格も許容範囲内で福岡ならこのクリニックで良いだろう。

結果判明までは24時間かかるのでフライトの前日or前々日に検査。

予約は+TeCOT経由で。

丸岡内科クリニック

費用(税込)

検査料22,000円

証明書発行(デジタル)2,200円

証明書発行(紙)4,400円

羽田PCR検査

成田PCR検査

セントレアPCR検査

関空PCR検査

新型コロナに対応した最低10万ドル以上の保険

タイ政府推奨の最安のコロナ保険がこちらとなる。

https://covid19.tgia.org/

30日で2560バーツ(約8,700円)

申し込み方法は動画を張っておくので参考にしてほしい。

f:id:takumahantingu:20211017094030p:plain

30日のコロナ保険

www.youtube.com

日本帰国用にタイでPCR検査

バンコク、スクンビットにある日本人ご用達サミティベート病院。

費用4,500バーツ(約1.5万)

日本語を話せるスタッフの案内が有るので言葉の不安はない。

参考動画を見れば簡単にPCR検査を受けれるので貼っておく。

www.youtube.com

航空券

現在福岡からバンコクを結ぶ直行便は無いので仁川(ソウル)で乗り継ぎして向かう。

・アシアナ航空(福岡⇒仁川)

11月5日~26日⇒金曜日のみ

12月1日~⇒毎日運航

アシアナ航空(仁川-バンコク)は毎日運航中。

成田、羽田、中部、関空からは直行便が出ている。

バンコクー日本線フライトスケジュール

 

上記の情報を参考にして貰えれば、東京、名古屋、大阪に住んでいるタイ好きの皆様で帰国後の10~14日の隔離が問題なしであれば、簡単にタイ渡航の準備が出来るだろう。

 

地方組は辛い。

福岡空港からバンコクへ行く手段は2つあって、仁川経由orシンガポール経由。

シンガポール経由はフライト時間が長いのに加え、航空券代もちょっと高い。

よって仁川経由がベター。

因みに仁川空港もチャンギ空港もコロナ禍の今、問題なく乗り継ぎが可能となっている。

後はアシアナ航空が無事に飛んでくれればよいのだけれど。

それと現在タイはノービザ滞在が30日までとなっている。

それ以上滞在したい場合は、イミグレで延長申請でプラス30日。

又はコロナ特例で60日延長がある(昨今のコロナ状況次第で突然廃止の可能性有)。

日本人が隔離無しでタイ渡航出来る日は早ければ11月1日、遅くても12月1日には行けるようになるのではないだろうか。

それまでは期待ほどほど、準備万端で待つことにしよう。

Market food

 

他のFIREブロガーも参考にしてみて下さい にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ にほんブログ村 その他生活ブログ サイドFIREへ