FIREでタイ移住

2021年5月富士通を退職し2021年8月家賃1万の街、大分県杵築市へ。タイへ移住し日本とタイの2拠点生活目指してます。

タイ渡航の準備開始、JINSまで片道2時間かけて眼鏡を購める

f:id:takumahantingu:20211015101515j:plain

皆様、こんにちは。

田舎者です。

タイ渡航に向けて眼鏡を購めにJINSへ行ってきた。

調べると大分にはJINSが一店舗しかない。

まず杵築駅から大分駅へ向かい、そこからバスに乗り揺られる事30分。

アパートを出てから実に片道2時間もかけてJINSへ行くという。。

まあ、こういうところは不便ではある。

 

 

 

f:id:takumahantingu:20211015102216j:plain

タイへ行く度に思う事がある。

「度付きのサングラスがあれがいいなあ」

1年中、常夏のタイは日差しがキツイ。

そんな中サングラス無しで旅をしていたわけだけど、眩しいし、健康面でも目にも悪い。

なので本格的にタイへ移住する前に、サングラスを用意して行こうと思っていた。

最近は通常の眼鏡に磁石でサングラスを付けれる2way使用が可能なやつがあるようで、最初はそれ目当てで来店した。

だけど、実際にその商品を見ると、フレームの選択肢が乏しかったり、サングラス部分を外した時に収納する場所に困ったり、僕は手ぶらで街歩きをすることが多いのでちょっと気になる。

店員に相談してみると「調光レンズ」といって外ではサングラス、室内では普通の眼鏡に色が自然に変わるというレンズがあって、実際にその店員も私物で使用しているという。

デメリットは何かと質問をぶつけてみたが、外から室内へ入った時にレンズの色が消えるのに10分位かかるという位で、他に気になる部分もなく気に入って使っているという。

逆に室内から外へ出た場合は、割とすぐにサングラス状態になるようで、これならば眼鏡とサングラスを2つ持ったりする必要もないので、タイの街を手ぶらで歩けるのではないだろうか。

f:id:takumahantingu:20211015103930j:plain

サングラス状態時のレンズの色も6種類から選べ、フレームの縛りも無し。

なのでフレームは最軽量のものに決め、調光レンズの色はブルーとした。

これにレンズ表裏の両面にUVカットを施してもらい、杵築までの送料6百円を足して、合計1.4万の買い物となった。

1週間ほどで届くという。

 

 

 

来週は杵築市の補助を使っての健康診断があり、再来週には肺ドック、胃カメラ、大腸内視鏡検査が控えている。

眼鏡を購め、健康面を全てチェックしておく。

これは全て11月にタイ渡航を敢行しようと目論んでいるからに他ならない。

眼鏡を購めていたこの日。

タイではCCSAの会議が開かれていて、11月1日から隔離無しで外国人旅行者を受け入れる件についても話し合われていた。

残念ながら今回は対象国名の発表は無かったのだけど、今月末には発表があるだろう。

その時に日本が対象国に入っている可能性もあり、そこから、ようやく腰を上げて、あれやこれやと複雑な渡航手順を調べ始めると11月タイ渡航に間に合わぬことになる。

福岡空港からバンコクへのフライトは?

福岡空港近くで安くPCR検査出来る病院は?

日本帰国時にタイでPCR検査出来る病院は?

タイ入国に必要なコロナ保険、一番安いのはどれ?

その辺りは事前に調べれることでもあるので、調べておいた。

10月末に日本が対象国入りの発表があったときに、すぐに動けるように。

渡航準備で出遅れぬ様に。

もしも日本が対象国入りしなくても、12月には入るだろうから、この準備は無駄にはならないだろうから。

あまり大きな期待をするとガッカリもするものだけど「期待ほどほど準備万端」で10月末の発表を待ちたいと思っている。

JJ Market, Thailand

 

他のFIREブロガーも参考にしてみて下さい にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ にほんブログ村 その他生活ブログ サイドFIREへ