FIREでタイ移住

2021年5月富士通を退職し2021年8月家賃1万の街、大分県杵築市へ。タイへ移住し日本とタイの2拠点生活目指してます。

僕が住んでる家賃1万アパートにFIRE民が大勢住んでいるかもしれない疑惑が浮上している

アパートの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

皆様、こんにちは。

ハンチングで御座います。

平日の真昼間、皆様どうお過ごしでしょうか。

大半の人は仕事してると思うのだけど、僕は今日も賃料1万アパートでのんびり過ごしている。

朝6時に起きて5キロほどウォーキング。

自室に帰室の後、シャワーを浴びてさっぱりし朝食の準備。

トーストにスライスチーズを乗せて焼き上げ、アイスコーヒーとヨーグルトという軽めの朝食を食べながら、昨夜行われたワールドカップアジア最終予選、中国VS日本を生中継風に見る。

手に汗握る試合を見終わって、いつものAコープの産直市場へ出張り野菜等を購める。

f:id:takumahantingu:20210908143459j:plain

茄子5本

f:id:takumahantingu:20210908143507j:plain

きゅうり6本

f:id:takumahantingu:20210908143515j:plain

いちじく8ケ

f:id:takumahantingu:20210908143522j:plain

はまち刺身

そうやって自転車を漕ぎながら賃料1万のアパートに帰宅してきたのだが、平日の真昼間だというのに駐車場に車が8台も止まってるのだ。

杵築市の片田舎に建っているアパートなのだから、その規模は小さいに決まっているのだが、駐車場に車がズラっと並び、異常な在室率を示しているのだ。

賃料1万アパートに住み始めて1ヶ月が過ぎたわけだが、この兆候は今日に始まったわけではない。

以前から、やたらに平日の在室率が高い気がしていた。

僕の隣に住むのは50代の小太りの男性で、入居した時に挨拶を交わしたのだが、それ以来ずっと隣部屋から人が居る気配が漂っているのが常で、僕が言うのもなんなのだが労働してない疑惑が浮上している。

反対の隣部屋は1か月間ずっと空室のままだ。

空室といっても賃貸契約は継続中の空室のようで、どうやらこの部屋に住所を置きつつ出稼ぎに出てるのか、長旅に出ているのか、定かではないが会社に縛られぬ自由なライフスタイルを作り上げている空気感を隣室からひしひしと感じる。

まあひしひしと感じると言ってもただの空室なのだけれど。

不思議なのは1ヶ月も空室が続いているにも関わらずポストにはひとつも郵便物が入っていないことだ。

実家か、或いは今居る場所に転送してるのだろうけど、そうなるとガチのデュアルライフ、2拠点生活者ということにもなる。

僕も近い将来、今住んでいるアパートとタイで2拠点生活を始めるわけだけど、そうなると隣室と同じ状況になるわけで、一体隣室にどんなライフスタイルを構築している人が住んでいるのかちょっと気になっている。

今、このブログを書いている瞬間も、車8台が止まっているということは8人在室しているとして、それに足すことのハンチング1名。

実に9人も在室してるってやはりちょっと異常値としか思えない。

このアパートもしかして僕以外にも、FIRE民が大勢住んでいるのではないだろうか。

実はFIRE民で溢れかえってるアパートなのではないだろうか。

その疑惑が拭い去れないが、それを確かめる術も無い。

今日という平日もアパートですれ違う人に軽く挨拶を交わす程度で、お互いそれ以上の干渉をすることもなく大分県杵築市の片隅に佇む賃料1万のアパートは平和な時間が流れている。

おまけ。

先日FIREラボひこすけさんが、にほんブログ村に「FIRE」というカテゴリーが新設されたとツイートされているのを見たので、物は試しということで参加してみた。

FIRE 人気ブログランキング PVポイント順 - その他生活ブログ

これからも家賃1万の街杵築からタイ移住へむけてブログをゆるい感じで綴ってゆくのでよろしくお願いします。

 

田んぼと住宅街の無料の写真素材(フリー素材)をダウンロード - ぱくたそ