FIREでタイ移住

2021年5月富士通を退職し2021年8月家賃1万の街、大分県杵築市へ。タイへ移住し日本とタイの2拠点生活目指してます。

玄米とお味噌汁中心の食生活始めました

白米と同様に炊ける玄米も。玄米を選ぶときに知っておきたい3つのポイント | 農業とITの未来メディア「SMART AGRI(スマートアグリ)」

皆様、こんにちは。

ハンチングで御座います。

引っ越しを機に、食生活を見直すべく玄米とお味噌汁中心の生活始めた。

以前住んでいた東海地方の賃料3万の豚小屋はキッチンに難があり、自炊出来ぬ部屋だったので、実は外食と弁当中心というあまり大きな声では言えぬ健康面、経済面共にダメな食生活を送っていた。

大分県杵築市の賃料1万の部屋は2口コンロとまな板を置くスペースもあるので自炊メインの生活へ変えてみたのだけれど、引っ越して2週間で自然と体重が3キロほど落ち、体の調子も良くなっても来たので、ここはもう一歩踏み込んで白米から玄米へと主食を変更し、それにちょっと具材多めのお味噌汁に魚を加えた食生活へ転じてみることにした。

脱・揚げ物生活である。

杵築市は4日連続雨がほぼ止まずに降り続けるという、あまり経験した事が無い天候にも見舞われ、自宅軟禁状態でもあったのだけれど、ようやく雨も上がったので杵築市のテスコロータスことサンリブに出張り玄米やらお味噌とその具材なぞを購めてきた。

f:id:takumahantingu:20210815135516j:plain

玄米

f:id:takumahantingu:20210815135537j:plain

お味噌と郷土愛が溢れ購めたワカメ

実は玄米を食した経験がなかったので、一体どんな出来栄えになるのか一抹の不安もあった。

炊きあがった感じは白米に比べ、粘りっけがなくパサパサしてる感じもあるにはあるが、味の方は想像以上に美味しく感じる。

それと炊いてみて初めて気づいたのだけれど、白米に比べて吹きこぼれが少なく食後の炊飯器周りの後片付けがずいぶん楽に感じた。

f:id:takumahantingu:20210815140122j:plain

玄米

納豆

小松菜としめじと豆腐のお味噌汁

自室に戻りお味噌汁を作ってるときに、お玉が無いことに気付き頭を抱えたのだけれど、味噌汁用のお椀をお玉替わりにして味噌汁をすくい、ラーメン用のどんぶりに注ぎ急場を凌いだ。

こんな感じで玄米とお味噌汁にお魚を加えた食生活をしばらく続けてみようかと思う。

これに軽いジョギングや散歩などを加える日常を送っていれば自然と痩せて健康的になるやもしれぬ。

ようやく不健康な労働中心の人生から脱したのだから、食や運動にも目を向けて健康寿命を延ばし、タイ移住生活を出来るだけ長く楽しめたらなと思っている。

TH 01 Monachini