FIREでタイ移住

2021年5月富士通を退職し2021年8月家賃1万の街、大分県杵築市へ。タイへ移住し日本とタイの2拠点生活目指してます。

タイ移住八方塞がり

You are here

皆様、こんにちは。

ハンチングで御座います。

タイのコロナ感染者数が増加の一途を辿っていて、今日にもバンコクがロックダウンするかもしれない。

7月1日に始まったプーケットサンドボックスは日本も対象国入りして喜ばしいことではあるのだけれど、9月1日に予定されているパタヤ開放はどうなることやら先行きが見えない。

「タイは一つの国」という認識でいたのだけど、このままだとコロナ感染者数を抑えれないタイと、抑える事に成功したプーケット島。

1つの国なのに、全く違う景色に二分されてしまうのではないだろうか。

日替わりで変化するタイのコロナ状況に翻弄される日々を過ごしている。

タイへ移住するタイミングが全く分からなくなってしまった。

 

今日、19日振りに安アパートへ帰宅した。

到着するや、郵便受けを見てギョッとしてしまった。

その郵便受けは、僕宛の郵便物と勝手に放り込まれたチラシが受け口からはみ出さん勢いで溢れかえっていた。

たった1ヶ月足らず、留守にしただけでこの有様では、タイ移住で半年も放っておいたらどうなるのだろうか。。

特に僕を困らせるのが、勝手に放り込まれるチラシだ。

自分宛ての郵便物なぞ、ほんの僅かで、郵便受けを満杯にさせるその主たる原因は要らぬチラシ類なのだ。

アパートを長い事、空けた状態で海外移住や国内旅をしてる方達は、一体この問題をどうやって解決してるのだろうか。

誰か教えて欲しい。

今回帰宅してもう一つギョッとしたことがある。

アパートの隣にあった駐車場が跡形もなく無くなり、新築アパートの建築を始めたらしい。

そういえば郵便受けにペラ紙が1枚入っていた。

「ご迷惑おかけします。工期2021年7月~2021年11月」

絶句である。

そもそも、僕のホテル暮らしは「部屋のエアコンの異音」に音を上げて逃げ出したのが始まりであった。

ホテル暮らしも1ヶ月もしたし、まあこの辺で一旦安アパートに戻り、なんとかあの異音をやり過ごそうと、そう思っていたのに。

部屋の目の前は3路線の電車が5分おきに轟音で走り去る。

部屋の後ろでは新築アパート工事。

部屋の中はエアコンの異音。

ああぁぁ、騒音地獄。。。。

 

タイへも行けず。

家にも帰れず。

八方塞がりの体である。

 

ならば、この際、国内の何処かへ引っ越そうかという考えが頭をよぎる。

大阪かそれとも沖縄か。

でも、これも引っ越しが完了した辺りに、タイのコロナ禍が嘘のように改善し「外国人の皆さん隔離は無くなりました。タイへ旅行へ来て下さーい」なぞをいう展開になると卒倒してしまう。

と言う事は、やはりホテル暮らしを継続してとりあえずの様子見でお茶を濁しておくかとも思うのだけれど、お茶を濁すにしてはあまりにもライフスタイルが豪華すぎる。

 

ああ、そういえばハローワーク問題もあったな。

当初はバンコクから毎月、日本のハロワに通うという素晴らしくもあり、ふざけてもいるプランを考えていたのだけど、コロナ禍で無理そうになってしまった。

失業給付金ドブに捨ててタイへ行こうか。

それとも、その間、日本で大人しくしておこおうか。

来春まで、ああぁぁ。。。

 

なんだかこのハロワ問題を、頭の中でグルグルと考えているとある一つの解決策が思い浮かぶ。

「パタヤにハロワがあればいいのに」

会社を退職した僕が、パタヤへ行き、そこでハロワに通う。

南国の陽気な空気に包まれながら就活すれば、うっかり再就職してしまうかもしれないじゃないですか。

 

と言う事でハンチングFIREタイ移住。

八方塞がり真っ只中。

台北】台湾全土を圧巻するチェーン店「八方雲集」で餃子(鍋貼・水餃)の味比べ!八方雲集(焼餃子編) –  【食べるぜ台湾】八角なしのおいしい台湾旅行「ビール好きおやじのB級台湾グルメ食レポ」