FIREでタイ移住

2021年5月富士通を退職し2021年8月家賃1万の街、大分県杵築市へ。タイへ移住し日本とタイの2拠点生活目指してます。

明日、退職する意志を会社へ伝えます

business vs loneliness.

皆様、こんにちは。

ハンチングで御座います。

率直な感情としては。

「遂に、この日が来たか」といった感じだ。

早すぎたとも思わないけど、遅すぎたとも思えない。

あと、数年早くFIREすることも出来なくはなかったけれど、僕の金融資産が最後のひと伸びをしてくれたのは2019~2021年だったわけだから、2018年以前に退職していたらかなりの節約型FIREをする以外なかった。

今は節約型FIREをしたっていいし、そこそこ良い生活のFIREをしたっていい、それとタイランドエリートを買う余裕も出来た。

この日まで頑張ったおかげで、人生の選択肢がすごく増えたと思う。

もしそこそこ良い生活のFIREタイ移住生活をしていたとして、将来マーケットが大きなクラッシュをしたとしても、その時は節約型FIREにモデルチェンジすれば大丈夫。

人生を生きるうえで選択肢が豊富なことは、FIRE生活を続けるなかで心にゆとりを生んでくれる。

その一方で、これ以上、退職をあとに伸ばすのも悪手な気がする。

「自分に残された人生の時間」なんて20代、30代のころは考えたこともなかったけれど、今はすごく、このことに重きを置きながら生きている。このことを考えるとなんとしても40代でFIREを達成したい。

つまり、僕の金融資産の準備と、残りの人生の時間のバランスがちょうど釣り合った。それが2021年4月23日なのだろう。

時はどうやら来たのだ。

明日、退職する意志を会社へ伝えます。