ぼっち旅inイタリア2011 その3

 

Fiumicino - Rome Airport

リクライニングが壊れた直角シートの座らされ北京を飛び立ったエアチャイナは予定より50分も早く18時05分にローマフェウミチーノ空港に到着した。


ついにローマに到着。

満員の乗客と共に飛行機を降りる。

ローマについてまずする事。

それは日本で調達して来た新兵器を着る事だった。

それがこちら。

シークレットベスト。

f:id:takumahantingu:20201112180724j:plain

ダサいと言ってはいけない。

前面に3つ。後ろに1つ大きなポケットがついている。ここに貴重品を入れてベストの上に服を着る事でスリから身を守ると言う。超画期的だと思われるベストなのだ。

さっそくこのベストを着るべく空港のトイレへ駆け込む。

トイレ内で四苦八苦しながらベストをバッチリ着こんでロビーに戻った。

そしたらあれだけ一杯いた乗客が人っ子一人居なくなってる。


『誰もいねぇ。。。』

スリにビビって一生懸命シークレットベストを着た結果、ローマ着いて早々、迷子になる。

右へ左へ右往左往した後、とりあえず出口らしき方向に向かって歩いてゆく。すると道はなんと。

行きどまり。。。

 


ふと見ると目の前にはモノレールが止まっている。

『なんだこのモノレールは?一体どこに行くんだ?やべー、シュミレーションしてたのと違う』

完全にテンパッた所に一人のフィリピン人の男性がやって来た。

テンパッた私を哀れに思ったのか彼は声をかけてくれた。

『このモノレールに乗るんだよ』

そう優しく私に教えてくれた。

モノレールはほんの1分程度で到着。どうやら空港の中央付近に着いたようだ。

入国審査を済ませ荷物を受け取り、歩を進める。

すると乗客誰一人として呼び止められない中、わたくしだけスタッフに呼び止められた。


スタッフ
待て。パスポートプリーズ。

 

スタッフ
ジャポネーゼ?

 

ハンチング
はい。

 

スタッフ
OK。行っていいぞ。


くそー。

ビビらせやがって。

何故なんだ。

きっと緊張のあまり変な歩き方をしてたのかもしれない。

せっかく50分も早く着いたのにだいぶ時間が経ってしまった。

外が明るい内にホテルへ着きたい。

知らない街に辺りが暗くなって着くのは避けたかった。

私はローマ中心部へ列車で移動する為空港駅へ急いだ。

順調に行けば日が高い内にホテルへ辿り着ける。

 

はずだった。。。

つづく。